Medical

先端加工について

私ども富士精工は、医療用注射針やカテーテルに使用される、高品質な極細金属パイプ製造メーカとしてお客様からの信頼を得てきました。

近年お客様のさらなる要求に対応すべく、極細パイプの先端加工という新たな加工技術に取り組んでいます。

・先端加工とは?

パイプ先端をお客様の要望に沿った形状に二次加工を施し納品します。

それでは、弊社先端加工の加工内容について説明します。

・横穴加工とは?

チューブの先端部に任意の大きさ、任意の数の横穴を開ける加工です。
弊社では電解研削を採用しており、バリの出ない穴あけ加工が可能です。

・先端封止溶接とは?

極細パイプ(φ0.6㎜以上)の先端を溶接により封止する加工です。

・スウェージングとは?

ダイスと呼ばれる金型を回転させパイプを叩きながら伸ばして外径を絞っていく加工です。先端は球状やペン先のように尖ったもの等お客様の要望にお応えします。

・ブラストとは?

表面処理の方法の一つです。ショットブラストと呼ばれるブラスト装置を使用し、研磨材を製品に打ち付けて処理を施します。
ブラスト加工の用途は多岐にわたりますが、一例として「メッキ前処理」や「下地処理」「梨地加工」などが有ります。

・バレル処理とは?

バレル研磨機のバレル槽に対象物や研磨石、水、コンパウンドを所定の割合で充填してバレル層を回転させたり振動させたりすることで対象物を研磨する加工法です。用途として「バリ取り」や「R付け」「光沢仕上げ」「平滑仕上げ」などに用いられます。

・エッチングとは?

エッチング液など薬品の酸・アルカリやイオンの腐食作用を利用して金属表面を溶解加工する技術です。
一例としてエッチング加工による目盛表示等が有ります。

・複合品とは?

いままで説明してきた各加工を一つにパイプに施すことも可能です。
例).先端封止+横穴加工 、スウェージング+横穴、
多種多様な組み合わせにも柔軟に対応いたします。

Process Type Guideline
Process Material Size

Tube
length(mm)

Processing
tolerance(mm)

Remark
Barrel Polishing SUS304(L), SUS316(L)
JIS G4305
09G~25G 20~50 R±0.03 round chamfering
Sand Blast SUS304(L), SUS316(L)
JIS G4305
11G~29G 30~200 width±1.00 Sa(Ra)0.7~1.5μm
Side Hole SUS304(L), SUS316(L)
JIS G4305
14G~25G 30~200 width±0.25
depth ±0.05
Processing width:Max 5mm
Tip Sealing SUS304(L), SUS316(L)
JIS G4305
18G~23G 50~150 R±0.07 Manual:Max 1,000mm
Pencil Tip SUS304(L), SUS316(L)
JIS G4305
15G~25G 50~150 angle~20°
Swaging SUS304(L), SUS316(L)
JIS G4305
15G~25G 50~150 angel~20°
Etching SUS304(L), SUS316(L)
JIS G4305
15G~28G 30~300 length±0.50 Max 2,000mm

極細ステンレスパイプや先端加工品にご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP